記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手にフリマサイト比較 その2 メルカリ編

前回、それぞれのフリマサイトのメリット・デメリットを比較しました。
今回はメルカリについてもうちょっと詳しく書きます。

メルカリは言わずと知れたフリマアプリの最大手です。
人もけっこういるので、売れやすいし、探し物も見つけやすいです。


〈買う立場に立った場合〉
買う場合、メルカリの値段は全体的に高いと感じます。
なぜなら、値切りがけっこうあるのと、
手数料がかかるために、その分最初から上乗せされているのです。
もちろん、処分価格で出しているものもあるので、そういったものは狙い目です。
最低価格設定が300円なので、これより低いものはありません。
ただ送料が込みのものも多いので、そう考えると悪くない場合があります。


〈売る立場に立った場合〉
売る場合、メルカリはたしかに他よりは売れやすいのですが、
どんどん新しい商品が出てくるため、すぐ奥に追いやられてしまうという欠点があります。
さらに、値切られて、手数料を取られて、送料も負担するとなると、
実は手元に残るのはさほど多くはありません。
梱包は手間も資材代もかかるので、物によってはあまり実入りは期待できません。
とはいえ、売れればそれなりに利益にはなるのですが、
売上金を振りこんでもらうには手数料(200円くらい)がかかるので、
それなりのまとまった金額になってから振りこんでもらうほうが良いでしょう。
1万円以上なら手数料は無料です。

ネガティブなことばかり書きましたが、中古品に関しては、
まー正直、「捨てるよりはマシ」「ダメでもともと」
くらいの気持ちで出した方がいいです。
すぐ買い手がつくものもありますが、全然つかないのも結構あるので。

個人的には、
・ブランドもの(ハイブランドとかじゃなくて、ふつうに良く知られている程度)
・チケット・金券関係
・相場より安めの設定のもの
・服なら未使用品・色柄が明るくはっきりしているもの
・新刊書

あたりが売れやすいかと思いました。

あと、売上金はある程度ないと振り込みに手数料をとられるので、
私は探していたものを売上金で買っています。
主に書籍ですが。

不用品が欲しかったものに変わる、という発想ならメルカリはかなり使いやすいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

かよろん

Author:かよろん
「おもちゃとは是即ち人生なり
(byバナナちゃん)」

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

♪こちらもオススメ♪

♪こちらもオススメ♪

日本ブログ村参加してます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。